未分類

禁止の呪文も?「ハリー・ポッターと炎のゴブレット」の呪文一覧

シリーズの中でも、ダークな雰囲気が印象的なのが5作目です。

今回は、「ハリー・ポッターと炎のゴブレット」の呪文を紹介します。

アバダ・ケダブラ

英語では、”Avada Kedavra”と書きます。この呪文は、「アブラカタブラ」に由来しています。

アブラカタブラは、アラム語のまじない言葉です。「この言葉のようにいなくなれ」という意味で、魔除けや治療の効果があるとされていました。

ハリー・ポッターの世界では、アバダ・ケダブラは相手を即死させる呪文です。そのため、使うことが禁止されています。

 

ハリーの夢の中で、ヴォルデモートがマグルの老人に向かって使いました。

ストーリーの最初から許されざる呪文が登場し、重い雰囲気となっています。

モースモードル

英語では、”Morsmordre”と書きます。morsは、ラテン語で「死」を意味します。mordreは、ラテン語のmordere(噛む)に由来します。

ヴォルデモートの手下たちである、デスイーター(死喰い人)のことを示しています。この呪文は、彼らの闇の印を作り出す呪文です。

バーティ・クラウチ・ジュニアが、クィディッチ・ワールドカップを襲撃し使いました。

ステューピファイ

英語では、”Stupefy”と書きます。英語で、「麻痺させる」という意味です。

相手を麻痺させる呪文で、その後の作品にも多数登場します。

エンゴルジオ

英語では、”Engorgio”と書きます。engorge(肥大させる)という単語に由来します。物体や生物を肥大化させる呪文です。

マッドアイ・ムーディに扮した、バーティ・クラウチ・ジュニアが、クモを大きくするのに使いました。

インペリオ

英語では、”Imperio”と書きます。ラテン語のimperio(従う)という単語に由来します。

相手を服従させる呪文で、許されざる呪文の1つです。

エンゴルジオと同様に、クラウチ・ジュニアが授業内でデモンストレーションとして、クモで実演しました。

クルーシオ

英語では、”Crucio”と書きます。ラテン語の、cruciatus(苦しみ)に由来します。

相手に苦しみを与える呪文で、許されざる呪文の最後の1つです。

クラウチ・ジュニアが、授業内で実演して見せました。

アクシオ・ファイアボルト

英語では、”Accio firebolt”と書きます。accioは、ラテン語で「来い」という意味です。fireboltは、ハリーの箒(ほうき)の名前です。

箒を手元に呼ぶ呪文で、accio ○○と応用することができます。

トライ・ウィザード・トーナメントにて、ハリーが使用しました。

アセンディオ

英語では、”Ascendio”と書きます。ラテン語の、ascendo(上昇する)に由来します。

自分の体を上昇させる呪文です。

ハリーが湖の中で使いました。

ペリキュラム

英語では、”Periculum”と書きます。ラテン語で「危険」という意味です。

「救出せよ」という意味の呪文で、トライ・ウィザード・トーナメントでハリーが使いました。

エクスペリアームズ

英語では、”Expelliarmus”と書きます。expelliは、ラテン語のexpellere(追い払う)に由来します。armは、英語で「武器」を意味します。

「武器よ、去れ」という意味の呪文で、戦いの際によく使われます。

炎のゴブレットでは、セドリック・ディゴリーがビクトール・クラムに対して使いました。

レダクト

英語では、”Reducto”と書きます。ラテン語で、「減らす」という意味です。

物を粉々にする呪文で、ハリーがセドリックを助けるために使いました。

アクシオ

英語では”Accio”と書きます。ラテン語で、「来い」という意味です。

物を手元に来させる呪文で、ハリーがポートキーとなったゴブレットに触れるために使用しました。

「アクシオ・ファイアボルト」のように、物を指定しても使えます。

まとめ

「ハリー・ポッターと炎のゴブレット」では、3つの許されざる呪文の全てが明らかとなりました。その3つとは、「アバダ・ケダブラ」「インペリオ」「クルーシオ」です。

特に、「アバダ・ケダブラ」はシリーズ最後まで度々登場するため、覚えておきましょう。

 

「ハリー・ポッター」シリーズは、現在U-NEXTとdTVで視聴が可能です。視聴には、会員登録が必要となります。

U-NEXT dTV