未分類

映画「ハリー・ポッターと炎のゴブレット」のあらすじと感想 ネタバレあり

今回は「ハリー・ポッターと炎のゴブレット」の、あらすじや見どころを紹介します。ネタバレを含むので、ご注意ください。

「ハリー・ポッターと炎のゴブレット」の作品情報

上映日2005年11月26日
上映時間157分
製作国イギリス、アメリカ
監督マイク・ニューウェル
脚本スティーブ・クローブス
キャストダニエル・ラドクリフ、ルパート・グリントなど
映画賞アカデミー賞 美術賞
原作『ハリー・ポッターと炎のゴブレット 上・下』

「ハリー・ポッターと炎のゴブレット」は、2000年に発売されたJ.K.ローリング著『ハリー・ポッターと炎のゴブレット 上・下』を映画化した作品です。

『ハリー・ポッターと炎のゴブレット 上・下』は、2008年の時点で合わせて350万部発行されました。児童書は、2万部売れればベストセラーとされることもあるため、驚異的な人気だということがわかります。

 

そして、2005年に映画化されイギリスとアメリカで公開されました。日本では2005年の11月26日に公開されました。

映画史に残る大ヒットシリーズとなった「ハリー・ポッター」は全8作となっており、「ファンタスティック・ビースト」シリーズがスピンオフとして続いています。

監督のマイク・ニューウェルはイギリス出身で、「フォー・ウェディング」(1994)で英国アカデミー賞とセザール賞を受賞しました。

 

物語の舞台は、1994年のイギリスです。普通の男の子だと思っていたハリー・ポッターが、魔法使いであることを知り、ホグワーツ魔法魔術学校に入学しました。

4年目のホグワーツでは、三代魔法学校対抗試合が開かれます。

登場人物紹介

ハリー・ポッター(ダニエル・ラドクリフ)

ハリー・ポッターは、赤ちゃんのころに親をなくした魔法使いの少年です。闇の魔法使いヴォルデモート卿により、両親の命を奪われましたが、その際ハリーだけが攻撃から生き残りました。

その時に受けた額の傷が、ハリーのトレードマークとなっています。

両親の死後は、いとこのダーズリー一家と暮らしていましたが、11歳の誕生日を期にホグワーツ魔法魔術学校へ入学しました。

 

ハリー役のダニエル・ラドクリフは、ロンドン出身の俳優です。「ハリー・ポッター」出演以前から、子役としてドラマや映画に出演していました。

ダニエルのプロフィールについては、こちらをご覧ください。

ロン・ウィーズリー(ルパート・グリント)

ロン・ウィーズリーは、ハリーの友達で同じグリフィンドール生です。明るく少しおとぼけなキャラクターで、いつも友達に囲まれているような男の子です。

ウィーズリー家は、一家全員が純血の魔法使いです。7人兄弟の5番目で、兄弟全員が代々グリフィンドール生です。前作「ハリー・ポッターとアズカバンの囚人」で、ロンが13年間飼っていたネズミのスキャバーズが、ピーター・ペティグリューという魔法使いだとわかりました。

ペティグリューは、隠れていたハリーの両親の居場所をヴォルデモートに教えた、裏切り者です。

 

ロンは、イギリスの俳優であるルパート・グリントが演じました。もともと「ハリー・ポッター」の大ファンで、演技経験なしでオーディションに合格しました。

最近では、「Snatch」や「The ABC Murders」などのテレビドラマで活躍しています。

ルパートのプロフィールについては、こちらをご覧ください。

ハーマイオニー・グレンジャー(エマ・ワトソン)

ハーマイオニーは、ハリー、ロンの同級生です。両親とも非魔法使い(マグル)でありながら、魔力を持っています。

勉強が大好きで、その豊富な知識でいつも問題を解決します。ハキハキした性格から、周りの男の子を少し圧倒することもありますが、繊細な一面も持ちあわせています。

 

ハーマイオニーを演じたのは、イギリスの女優であるエマ・ワトソンです。イギリス人ですが、実は生まれはフランスです。

これまで数え切れないほどの賞を受賞、ノミネートされています。最近では、「美女と野獣」(2017)でのベル役で、歌を披露し話題となりました。

エマ・ワトソンのプロフィールについては、こちらをご覧ください。

アラスター・”マッドアイ”ムーディー(ブレンダン・グリーソン)

アラスター・ムーディーは、ホグワーツで新たに闇の魔術に対する防衛術を教える先生です。元闇払いで、数多くのデスイーターと戦った実績があります。

魔法の義眼をつけている様子から、「マッドアイ」と呼ばれています。

 

ムーディーを演じたのは、アイルランド出身のブレンダン・グリーソンです。ブレンダンは俳優になる前、10年以上小学校の先生をしていたという異色の経歴を持っています。35歳で俳優になることを決め、キャリアをはじめました。

息子のドーナル・グリーソンも俳優をしており、「ハリー・ポッターと死の秘宝part1」で共演をしています。

ブレンダン・グリーソンのプロフィールについては、こちらをご覧ください。

セドリック・ディゴリー(ロバート・パティンソン)

セドリック・ディゴリーは、ホグワーツに通う生徒です。ハリーより1つ上の5年生で、ハッフルパフに所属しています。端正な顔立ちで背が高く、正義感が強くて頭も良いため、生徒たちの中でも人気者です。

セドリックの父エイモス・ディゴリーと、ロンの父アーサー・ウィーズリーが同僚のため、ロンたちと一緒にクィディッチ・ワールドカップの決勝を観戦に行きます。

 

セドリックを演じたのは、ロバート・パティンソンというイギリスの俳優です。ロバートは、「トワイライト」シリーズのエドワード役で世界的に有名になりました。

実はロバートの家系をたどると、ドラキュラのモデルとなったヴラド公という人物との遠縁関係がみられます。そのため、ロバートはドラキュラの子孫では?と噂されています。

ロバート・パティンソンについてのプロフィールは、こちらをご覧ください。

ルビウス・ハグリッド(ロビー・コルトレーン)

ルビウス・ハグリッドは、ホグワーツ魔法魔術学校の森番です。ダンブルドアをとても尊敬し、信頼もしています。父親が魔法使いで母親は巨人というハーフのため、設定では身長が240cmあります。

ハリー、ロン、ハーマイオニーの友達で、3人が度々ハグリッドの小屋に会いに行きます。魔法生物に詳しく、様々な動物を育てた経験があります。

 

ハグリッドを演じたのは、スコットランド出身のロビー・コルトレーンです。もともとは、コメディアンとして活動をしていました。

ロビーの身長は185cmと、彼自身も高身長です。

本作「ハリー・ポッターと賢者の石」で、スコットランド映画 最優秀男優賞を受賞しました。「ハリー・ポッター」以外にも、「007」シリーズや「オーシャンズ12」(2004)などにも出演しています。

 

ロビーのプロフィールについては、こちらをご覧ください。

「ハリー・ポッターと炎のゴブレット」のあらすじ

「ハリー・ポッターと炎のゴブレット」のあらすじ(ストーリー)を結末まで解説しています。
この先、ネタバレを含んでいるため、ご注意ください。
ネタバレの箇所は赤文字で表記しています。)

繰り返しみる不思議な夢

夏休み中のハリーは、繰り返し同じ夢をみます。それは、ピーター・ペティグリューとある男性が、ヴォルデモートらしき人物と話をしている夢です。夢の中では、マグルの老人がこの3人の様子をみてしまい、死の呪いで殺されてしまいます。

一方現実世界では、クィディッチ・ワールドカップが開催されており、ハリーはウィーズリー家とディゴリー親子とともに観戦にいきます。非常に盛り上がった試合でしたが、終了後の夜にヴォルデモートの手下であるデスイーターたちの襲撃が起こります。

ロンやハーマイオニーとはぐれてしまったハリーは、1人で隠れますが、デスイーターの1人が闇の印(ヴォルデモートの復活の印)を出すところを目撃します。そして、デスイーターたちに襲われそうになりますが、間一髪のところで闇払いが現れます。

 

ホグワーツでは新学期がはじまり、闇の魔術に対する防衛術にアラスター・ムーディーが赴任します。ムーディーはギョロギョロ動く義眼に、しきりに何かを飲む様子で生徒たちから怖がられてしまいます。

ダンブルドアから、トライウィザード・トーナメント(三大魔法学校対抗試合)の開催が告げられます。トライウィザード・トーナメントは、ホグワーツ、ダームストラング、ボーバトンの3校が参加し、それぞれの学校の代表者が様々な課題をこなしながら競い合う、伝統的な行事です。

課される課題に危険が伴うため、17際以上の上級生の生徒しか参加ができない決まりとなっているのが特徴です。

 

ダームストラング校とボーバトン校の生徒がホグワーツに集まり、魔法省のクラウチ氏が魔法のゴブレットを紹介しました。

トライウィザード・トーナメントへの参加希望者は、このゴブレットに名前を書いた紙を入れます。この中から、ゴブレットがふさわしい選手を選ぶのです。ゴブレットの周りには魔法がかけられており、17歳以上の生徒でないと近づくことができません。

 

トライウィザード・トーナメントへの出場は生徒たちの憧れであり、ロンやロンの兄のフレッドとジョージも憧れています。上級生たちが名前を入れていく中、フレッドとジョージは、なんとかゴブレットに紙を入れようとしますが、魔法ではね返されてしまいます。

選手発表の日、ダームストロングからはビクトール・クラム、ボーバトンからはフラー・デラクール、ホグワーツからはセドリック・ディゴリーが選ばれました。選手が全員出そろった中、突然ゴブレットが動き出しもう1人の名前が出てきます。

そこには、ハリー・ポッターと書かれていました。ハリーはまだ14歳のため、選ばれるはずがありません。しかし、ゴブレットに選ばれたからには取り消すことができないため、ハリーも選手に加わることになってしまいます。

 

どうして自分の名前が出てきたのか混乱するハリーをよそに、ロンをはじめとした周りの生徒たちはハリーを白い目で見るようになってしまいます。

トライウィザード・トーナメントがはじまる

学校で孤立していくハリーですが、トーナメントに向けてムーディー先生がアドバイスをしてくれます。1つ目の課題は、ドラゴンとの戦いでした。ドラゴンが守る金の卵を獲得できれば、課題クリアとなります。

まだ4年生のハリーはあまり魔法の呪文を知らないため、ムーディー先生のアドバイスで試合中にほうきを呼び出すことにします。途中ドラゴンを繋いでいた鎖がきれ、学校の敷地外まで追いかけられるほど苦労しましたが、なんとか卵を獲得することができました。

それまでとは一変、周りの生徒たちはハリーの成功を喜びました。しばらく話もしていなかったロンも、わざわざ命の危険を犯してまで自分の名前を入れるはずがないと、ハリーと仲直りをしました。

 

トライウィザード・トーナメントが開催される年は、クリスマスにダンスパーティーが催されます。代表選手は皆の前で踊らなくてはならないため、ハリーは相手探しに奮闘します。

ハーマイオニーを誘おうとしますが、すでにビクトール・クラムに誘われていました。

ハリーは、密かに気になっていたレイブンクロー生のチョウ・チャンを思い切って誘いますが、チョウはすでにセドリックに誘われていました。

 

相手の見つかっていないロンとともになんとか相手を探し、ハリーはパーバティ・パチルと、ロンはパーバティの妹パドマとダンスをすることになります。

ダンスパーティでは、ドレスアップしたハーマイオニーの美しさに誰もが見惚れます。これを機に、ロンはビクトールにヤキモチを焼くようになります。

 

1つ目の課題で獲得した金の卵は次の課題のヒントとなっており、卵を開けてみますが騒音が鳴るだけでした。

2つ目の課題の日が迫る中、いまだ卵のヒントを解けていないハリーに、セドリックが「お風呂に浸かりながら考えるといい」とアドバイスをしました。アドバイス通り、お風呂に卵を持っていくと、そこには嘆きのマートルがいました。

マートルは、セドリックが卵を水の中で開けていたと話します。お風呂の中で卵を開けてみると、2つ目の課題は水の中で戦うのだとわかりました

2つ目の課題

水中戦のため、水の中で息ができるようにすることが重要でした。しかし、その方法を知らないハリーは図書館で本を探しますが、見つかりません。

そんな時ムーディ先生が現れ、近くにいたネビル・ロングボトムの本の片付けを手伝えといいます。

 

ネビルに、水中で息をする方法を知らないか聞くと、えら昆布という薬草がいいと教えてもらいます。課題当日、ネビルからえら昆布をもらいえらが生えて水中で息をすることができました。

湖の中には、各選手の大切な人がとらわれていました。そこには気を失ったロン、ハーマイオニー、チョウ・チャン、ガブリエル・デラクールがおり、周りには水魔が大量にいました。

ビクトールはハーマイオニーを、セドリックはチョウを助けますが、フラーは水魔に襲われ棄権していました。水魔に連れて行けるのは1人だけだと言われますが、ロンとガブリエルの2人を助けようとします。

 

すると水魔たちに一斉に襲われ、なんとか人質を地上に助け出すことはできましたが、ハリーは水中に引き込まれてしまいます。えら昆布の効き目も切れてしまい、絶体絶命の中、なんとか魔法で地上に脱出することができました。

人質2人を救ったことから、ハリーにはボーナスポイントが与えられました。課題終了後、観戦にきていた魔法省のクラウチ氏と話をしますが、ムーディー先生が現れ話をさえぎられます。

ムーディー先生が蛇のように舌を出す様子をみて、クラウチ氏は青ざめて立ち去ります。ムーディーは、「どっちがいかれてる」といい、ハリーを連れて行きます。

 

その夜ハグリットやロンと森を歩いていると、誰かが倒れているのを発見します。クラウチ氏が亡くなっていたのです。

ハリーはダンブルドアに話をしようと校長室に行きますが、そこには魔法大臣のコーネリウス・ファッジがいました。ファッジとダンブルドアは話をしており、ダンブルドアは少し部屋の中で待つようにとハリーを1人残しました。

部屋の中をみていると、憂いの篩(うれいのふるい)が現れます。篩の中を覗くと、中に引きこまれ過去の記憶の中に入り込んでいました。

 

それは、ダームストラング校の付き添いとして来ているイゴール・カルカロフの裁判の日でした。

カルカロフは元デスイーターで、アズカバンに収容されていましたが、その日証言をするため裁判所にダンブルドアやクラウチ氏が集まっていました。カルカロフは、仲間のデスイーターの名前を話します。

 

その中には、クラウチ氏の息子、バーティー・クラウチ・ジュニアの名前がありました。拘束される息子をみて、ショックを受けたクラウチ氏は「もう息子ではない」といいます。

拘束されたクラウチ・ジュニアは、ハリーが何度もみた夢に出てくる男の人でした。そこで記憶が終わり、校長室に戻されるとダンブルドアがいました。

自分の部屋に戻っている途中、カルカロフがスネイプ先生にデスイーターの証である闇の印を見せているところを目撃してしまいます。

 

そのままスネイプ先生に呼び止められ、最近先生の部屋から魔法薬が盗まれており、ハリーが犯人ではと疑われます。

盗まれている薬は、ポリジュース薬の材料で、2年生の時にポリジュース薬を使用したハリーを疑ったのでした。

最終課題の日

いよいよ最終課題の日、選手たちは迷路の中に隠されている優勝杯を探します。最初に優勝杯に触った選手が優勝となります。迷路には魔法がかかっており、中では人が変わってしまうとダンブルドアに警告されます。

迷路に入ると、ビクトールは優勝したい気持ちが強すぎて他の選手たちを襲いはじめます。同じくセドリックも我を失っており、ビクトールを倒してハリーを追いかけます。

その最中優勝杯をみつけ、先に触れようと2人は走りますが、セドリックは迷路の罠に捕まってしまいます。セドリックを助けるか優勝するかの選択肢を迫られたハリーは、セドリックを助けることを選びます。

 

助けられたセドリックは我にかえり、2人は同時に優勝杯に触れます。優勝杯はポートキーになっており、2人はどこかの墓場に移動していました。

そこには「トム・リドル」と書かれた墓石があり、ハリーは危険を感じてセドリックとポートキーに戻ろうとします。

 

しかし、ペティグリューがヴォルデモートを抱えて現れ、セドリックは死の呪いで殺されてしまいます。そしてハリーは捕まり、ハリーの血をもってヴォルデモートが完全に復活してしまいました。

ヴォルデモートはデスイーターたちを呼び出し、その中にはルシウス・マルフォイの姿もありました。そして、復活したヴォルデモートから13年前なぜハリーを殺せなかったのか聞かされます。

ハリーの母リリーが自分の身を犠牲にし、愛の力で究極の守りを授けたためヴォルデモートはハリーに触れられなかったのです。ハリー自身の力ではなく、母の愛がハリーを生き残らせたのでした。

 

ヴォルデモートは決闘を挑み、ハリーは勇敢に立ち向かいますが力の差は歴然でした。そんな中ヴォルデモートの杖から、ハリーの母リリー、父ジェームズ、セドリックの魂が出てきます。

ジェームズとリリーは、自分たちが時間をかせぐから、呪文を切ってポートキーのところに行けといいます。セドリックは、自分の体も一緒に連れてってくれといいました。思い切って呪文を切り、セドリックの遺体とともにポートキーで迷路に戻ります。

何も知らない観衆はハリーの勝利を喜びますが、ハリーはヴォルデモートが復活し、セドリックが殺されたと叫びます。それに気づいたセドリックの父エイモスも、声を上げて悲しみます。トーナメントは中止となり、ムーディー先生は取り乱すハリーを部屋へ連れて行きました。

身近にいた敵

ムーディーの部屋で、セドリックが亡くなった経緯を話します。しかしムーディーは、「闇の帝王を間近で見てどんなだったか」と聞いてきます。

さらに、話を聴きながらいつも飲んでいる何かを飲もうとしますが、もう無くなってしまったようでした。

ムーディーが「墓場には誰がいた」と聞いた時、ハリーは自分が墓場にいたとは一言も話していないことに気がつきます。

 

すると、ムーディーは全て自分が仕組んだことだと話しはじめました。

ゴブレットにハリーの名前を入れたのも、セドリックに卵の秘密を教えたのも、ネビルにえら昆布についての本を勧めたのも、優勝杯をポートキーにしたのも全てムーディーでした。

そしてハリーを殺そうとしますが、間一髪のところでダンブルドアや先生陣が現れます。スネイプ先生がムーディーに真実薬を飲ませ、自分は本物のムーディーではないと吐きます。本物は、部屋の中にあるトランクの中に閉じ込められていました。

 

ムーディーだと思っていた人物は、スネイプ先生の部屋から薬を盗み、ポリジュース薬で変身していたバーティー・クラウチ・ジュニアだったのです。

父クラウチ氏は、息子の蛇のように舌を出す癖を知っていたため、クラウチ・ジュニアがムーディーに変身してると気がつきました。そして口封じのために、息子によって殺されてしまったのでした。

クラウチ・ジュニアはアズカバンに戻され、ホグワーツでは全校生徒でセドリックの死を悲しみました。トーナメントが終わり、ダームストラングとボーバトンの生徒は帰国して行きました。

「ハリー・ポッターと炎のゴブレット」の感想

多様な人種のキャラクターたち

「ハリー・ポッターと炎のゴブレット」には、チョウ・チャンやパチル姉妹など様々な人種のキャラクターが登場します。さらに、他国からの生徒たちが集まる話のため、シリーズの中でもっとも多人種が登場する作品です。

魔法の世界には肌の色や国による差別がないということがわかり、そこに作者J.K.ローリングの願いが込められているような気もします。原作ではチョウは校内で有数の美少女となっており、パーバティーは学年1の美少女という設定です。

魔法族か否かの差別は強くありますが、人種による差別のない世界、とて素敵です。実はこういう視点があることも、ぜひ知っていただきたいのです。

シリーズ初の恋愛

本作は、ハリーの初恋が描かれています。ついこの前11歳になったばかりなのに!世界中のハリーファンが焦りはじめたのが、本作でした。しかし思春期のハリー、恋の1つや2つあるのは当然です。

ハリーとチョウの恋の行方も注目ですが、もう1組注目なのがロンとハーマイオニーです。この2人に何かありそう…と思わせるきっかけが、本作にあるクリスマスパーティーなのです。

友達だと思っていた2人が意識をしはじめる、女子が食いつきそうなこの恋は今後の作品でも注目ポイントです。本作を知らずにこの先に進むことはできませんよ!

初々しいロバート・パティンソン

「トワイライト」シリーズで、一躍全世界の女子の憧れとなったロバート・パティンソンですが、先にこの「ハリー・ポッターと炎のゴブレット」で少し知名度を上げていたのです。

本作がデビュー作ではないのですが、世界的に顔を覚えられるようになったのはセドリック役がきっかけです。大人になっったロバートはヒゲもたくわえ、ワイルドな見た目になっていますが、この頃は色白で頰の赤い、あどけなさが残っています。

ロバートファンは必見です。

「ハリー・ポッターと炎のゴブレット」の視聴方法

「ハリー・ポッターと炎のゴブレット」はレンタルや購入、動画配信サービスなどの方法で視聴することができます。

令和1年7月現在、「ハリー・ポッターと炎のゴブレット」を視聴できる動画配信サービスは以下の通りです。

U-NEXT税抜き1,990円(月額会員費)
dTV税抜き800円(月額会員費+個別レンタル費)
Amazon Prime税抜き199円(個別レンタル費)

まとめ

「ハリー・ポッターと炎のゴブレット」は、前作までとは違いダークな雰囲気がかなり増しています。シリーズ初の、人が亡くなるシーンが出てくるためお子様と一緒に見る場合は注意が必要です。

しかし、ダークなシーンや恋模様が入ることにより、ハリーの成長もよりわかりやすくなっています。ヴォルデモートが復活する決定的な話のため、シリーズをみていく上で非常に重要なポイントとなっています。