未分類

映画「ハリー・ポッターとアズカバンの囚人」のあらすじと感想 ネタバレあり

今回は「ハリー・ポッターとアズカバンの囚人」の、あらすじや見どころを紹介します。ネタバレを含むので、ご注意ください。

「ハリー・ポッターとアズカバンの囚人」の作品情報

上映日2004年6月26日
上映時間142分
製作国イギリス、アメリカ
監督アルフォンソ・キュアロン
脚本スティーブ・クローブス
キャストダニエル・ラドクリフ、ルパート・グリントなど
映画賞アカデミー賞 作曲賞、視聴効果賞
原作『ハリー・ポッターとアズカバンの囚人』

「ハリー・ポッターとアズカバンの囚人」は、1999年に発売されたJ.K.ローリング著『ハリー・ポッターとアズカバンの囚人』を映画化した作品です。

『ハリー・ポッターと秘密の部屋』は、2008年の時点で382万部発行されました。児童書は、2万部売れればベストセラーとされることもあるため、驚異的な人気だということがわかります。

 

そして、2004年に映画化されイギリスとアメリカで公開されました。日本では2004年の6月26日に公開されました。

映画史に残る大ヒットシリーズとなった「ハリー・ポッター」は全8作となっており、「ファンタスティック・ビースト」シリーズがスピンオフとして続いています。

監督のアルフォンソ・キュアロンは、「大いなる遺産」や「ROMA/ローマ」なども監督しています。「ROMA/ローマ」(2018)では、ヴェネツィア国際映画祭の金獅子賞、ゴールデングローブ賞監督賞、外国語映画賞、アカデミー賞監督賞、外国語映画賞、撮影賞を受賞し、話題となりました。

 

物語の舞台は、1993年のイギリスです。普通の男の子だと思っていたハリー・ポッターが、魔法使いであることを知り、ホグワーツ魔法魔術学校に入学しました。

ホグワーツでの3年目を迎え、新たな敵や仲間と出会います。

登場人物紹介

ハリー・ポッター(ダニエル・ラドクリフ)

ハリー・ポッターは、赤ちゃんのころに親をなくした魔法使いの少年です。闇の魔法使いヴォルデモート卿により、両親の命を奪われましたが、その際ハリーだけが攻撃から生き残りました。

その時に受けた額の傷が、ハリーのトレードマークとなっています。

両親の死後は、いとこのダーズリー一家と暮らしていましたが、11歳の誕生日を迎えホグワーツ魔法魔術学校へ入学しました。

 

ハリー役のダニエル・ラドクリフは、ロンドン出身の俳優です。「ハリー・ポッター」出演以前から、子役としてドラマや映画に出演していました。

ダニエルのプロフィールについては、こちらをご覧ください。

ロン・ウィーズリー(ルパート・グリント)

ロン・ウィーズリーは、ハリーの友達で同じグリフィンドール生です。明るく少しおとぼけなキャラクターで、いつも友達に囲まれているような男の子です。

ウィーズリー家は、一家全員が純血の魔法使いです。7人兄弟の5番目で、兄弟全員が代々グリフィンドール生です。ペットとして13年間、大きなネズミのスキャバーズを飼っています。

 

ロンは、イギリスの俳優であるルパート・グリントが演じました。もともと「ハリー・ポッター」の大ファンで、演技経験なしでオーディションに合格しました。

最近では、「Snatch」や「The ABC Murders」などのテレビドラマで活躍しています。

ルパートのプロフィールについては、こちらをご覧ください。

ハーマイオニー・グレンジャー(エマ・ワトソン)

ハーマイオニーは、ハリー、ロンの同級生です。両親とも非魔法使い(マグル)でありながら、魔力を持っています。

勉強が大好きで、その豊富な知識でいつも問題を解決します。ハキハキした性格から、周りの男の子を少し圧倒することもありますが、繊細な一面も持ちあわせています。

 

ハーマイオニーを演じたのは、イギリスの女優であるエマ・ワトソンです。イギリス人ですが、実は生まれはフランスです。

これまで数え切れないほどの賞を受賞、ノミネートされています。最近では、「美女と野獣」(2017)でのベル役で、歌を披露し話題となりました。

エマ・ワトソンのプロフィールについては、こちらをご覧ください。

シリウス・ブラック(ゲイリー・オールドマン)

シリウス・ブラックは、アズカバン刑務所に収容されていた囚人です。ハリーの両親ジェームズ・ポッターやリリー・ポッターとともに、ホグワーツに通っていました。

ヴォルデモートが猛威を振るった時代、友であったピーター・ペティグリューを殺した罪で12年前に逮捕されました。しかし、アズカバンから脱獄をしてしまいます。

 

シリウスを演じたのは、イギリスの俳優ゲイリー・オールドマンです。16歳で高校を中退し、演技を学びはじめました。「レオン」(1994)や「フィフス・エレメント」(1997)など数々の作品に出演し、名悪役としても知られます。

ゲイリー・オールドマンのプロフィールについては、こちらをご覧ください。

リーマス・ルーピン(デヴィッド・シュリース)

リーマス・ルーピンは、ホグワーツに新たにやってきた、闇の魔術に対する防衛術の先生です。優しい上に面白い先生のため、生徒にも人気です。ハリーの両親と同級生で、ハリーに2人のことを話してくれたり、相談にのってくれたりします。

なぜか顔に傷があり、また体調不良で授業を休むこともあります。

 

ルーピンを演じたのは、イギリスの俳優デヴィッド・シュリースです。デヴィッドは、学生の頃にバンド活動をしていました。しかし、自分たちの演奏を初めて録画し、全く上手くないと気がついて演技の道に軌道修正をしました。

「セブン・イヤーズ・イン・チベット」(1997)や、「博士と彼女のセオリー」(2014)などにも出演しています。「セブン・イヤーズ・イン・チベット」への出演が原因で、中国への入国を拒否されたことがあります。

デヴィッド・シュリースのプロフィールについては、こちらをご覧ください。

ルビウス・ハグリッド(ロビー・コルトレーン)

ルビウス・ハグリッドは、ホグワーツ魔法魔術学校の森番です。ダンブルドアをとても尊敬し、信頼もしています。父親が魔法使いで母親は巨人というハーフのため、設定では身長が240cmあります。

ハリー、ロン、ハーマイオニーの友達で、3人が度々ハグリッドの小屋に会いに行きます。魔法生物に詳しく、様々な動物を育てた経験があります。

 

ハグリッドを演じたのは、スコットランド出身のロビー・コルトレーンです。もともとは、コメディアンとして活動をしていました。

ロビーの身長は185cmと、彼自身も高身長です。

本作「ハリー・ポッターと賢者の石」で、スコットランド映画 最優秀男優賞を受賞しました。「ハリー・ポッター」以外にも、「007」シリーズや「オーシャンズ12」(2004)などにも出演しています。

 

ロビーのプロフィールについては、こちらをご覧ください。

「ハリー・ポッターとアズカバンの囚人」のあらすじ

「ハリー・ポッターとアズカバンの囚人」のあらすじ(ストーリー)を結末まで解説しています。
この先、ネタバレを含んでいるため、ご注意ください。
ネタバレの箇所は赤文字で表記しています。)

新学期を前に問題を起こしてしまう

夏季休暇中のハリーは、いとこのダーズリー家に滞在しています。新学期にある、課外授業への許可サインをもらうために、こき使われても我慢をしています。そんな中バーノンおじさんの妹、マージがダーズリー家に遊びに来ます。

マージは口の悪い人で、よく知りもせずハリーの両親の悪口をいいます。最愛の両親を悪くいわれたハリーは、怒ってマージに魔法をかけてしまいます。マージの体が風船のように膨れあがり、そのまま空へ浮かんでいってしまいました。

怒りが収まらないハリーは、そのまま荷物を持ってダーズリー家を飛び出してしまいます。

 

行くあてもなく道をさまよっていると、突然バスが現れます。そのバスは迷子の魔法使いのためのバスで、ハリーを漏れ鍋という宿屋まで送ってくれました。バスの車掌が読んでいた新聞には、シリウス・ブラックという凶悪犯がアズカバンから脱獄したという記事がのっていました。

漏れ鍋には魔法省大臣のコーネリウス・ファッジがおり、ハリーはマグルの前で魔法を使ったことをとがめられるのではと恐れましたが、おばさんを膨らました程度で罰は与えないと言われました。

漏れ鍋にはロンやハーマイオニーたちもおり、友達との久しぶりの再会に喜びます。ロンの父アーサーから、脱獄したシリウス・ブラックはヴォルデモートの手下で、ハリーを殺せばヴォルデモートが復活すると信じて、ハリーを狙っていることを知らされます。

 

ホグワーツ急行で学校へと向かっている途中に、突然汽車が止まりあたりが凍りついたように寒くなりました。そして、ディメンターという死神のような生き物が現れ、ハリーのことを襲います。

女の人の悲鳴が聞こえたかと思うと、ハリーは気を失ってしまいました。目が覚めるとディメンターはいなくなっており、リーマス・ルーピンという同席していた人が追い払っていくれていたようでした。

学校生活がはじまる

学校につくとダンブルドア校長から、シリウス・ブラックから生徒を守るために、ホグワーツ城周辺にディメンターが配備されていると説明がありました。ディメンターは、人の幸せな気持ちや記憶を吸い取る生き物で、魂を吸い取ることもできます。

そのため、通常はアズカバン刑務所の周りに配備されているのです。汽車で襲ってきたディメンターは、そのうちの1つだとわかりました。

ホグワーツの新しい先生として、汽車で出会ったリーマス・ルーピン先生、そして魔法生物学にはハグリッドが先生として配属されました。

 

新学期の授業には占い学もあり、ハリーはこの授業でグリムがついていると言われます。グリムとは墓場に取りつく犬の亡霊のことで、もっとも不吉なことの前ぶれを表します。

シリウスのことと関係があるのかと考えていたハリーをよそに、どこからともなく現れたハーマイオニーは、くだらないとこき下ろします。

 

ハグリッドの魔法生物学の授業では、ヒッポグリフという大きな鳥のような生き物に出会います。ヒッポグリフはとても誇り高い生き物で、慎重に近づかないと暴れだしてしまいます。

ハグリッドはこのヒッポグリフにビックバークという名前をつけて手名付けているようで、ハリーに触り方を教えます。ビックバークに気に入られたハリーは、背中に乗って空を飛ぶことができました。

とても楽しい授業でしたが、ハリーに妬いたドラコ・マルフォイは、ビックバークを変な生き物だとののしりながら近づき、腕を引っかかれてしまいます。ドラコはこの出来事を、教育委員会の父に報告してしまいました。

 

ルーピン先生の闇の魔術に対する防衛術の授業も楽しく、真似妖怪ボガートという、見る人の恐れるものに変身する生き物との戦い方を教わります。ハリーがボガートと対面すると、ディメンターに変身したのですが、さらに何かに変身するようでした。

急いでルーピン先生が阻止し、楽しい授業は終わってしまいました。別の日のルーピン先生の授業は、体調不良で授業ができる状態ではないと、スネイプ先生が代わりに授業をしました。

その授業では、なぜか人狼について教えられました。人狼は、満月をみると自分の意思に反して狼に変身してしまい、変身している間は自我や記憶もなくなってしまいます。そのため、近くにいる友達や家族も襲ってしまうのです。どこからともなく現れたハーマイオニーは、なぜ突然人狼について教えられるのか疑問に思います。

 

生徒たちが楽しみにしていた、ホグズミードへの課外授業の日がやってきましたが、バーノンおじさんから許可サインをもらえなかったハリーは、1人学校で残ることになってしまいました。

落ち込むハリーを、ルーピン先生が慰めてくれます。ルーピン先生は、昔ハリーの両親と友達で、2人のことをよく知っていたそうです。はじめて両親の友達と出会い、今まで知ることができなかった2人のことを知り、とても嬉しい気持ちになります。

シリウス・ブラックが現れる

ある日、グリフィンドール寮の入り口にある、太ったレディの絵が引き裂かれ、レディがいなくなるという事件が起きます。レディは他の絵に逃げており、シリウス・ブラックが現れたとおびえていました。

脱獄犯が城内にいるという異常事態に加え、クィディッチの試合ではディメンターが乱入し、ハリーを襲います。気絶したハリーはほうきとともに落下し、医務室で目を覚まします。試合が中止になっただけでなく、ハリーのほうきは折れて使えなくなってしまいました。

 

ホグワーツの敷地内に入らないという条件で、ディメンターを配備したダンブルドアは憤慨します。ルーピンに命じ、ハリーに身を守る術を教えます。それは、汽車内でルーピンが使った、パトローナスという守護霊を出現させる魔法でした。

パトローナスを呼び出すのはとても高度な呪文で、普通3年生ができるものではありません。さらに、パトローナスの呪文に必要なのは、幸せな記憶です。両親を早くに亡くし、いとこ一家にいじめられていたハリーにとって、幸せな記憶を思い浮かべるのは大変なことでした。

はじめてほうきに乗った記憶では力が弱く、ハリーが思い浮かべたのは両親の姿でした。この記憶のおかげで、パトローナスを呼び出すことに成功しました。

 

ホグズミードへの課外授業の日がまたやってきました。自分だけ出かけられないハリーは、また落ち込んでいましたが、ロンの兄フレッドとジョージから忍びの地図というアイテムをもらいます。

忍びの地図は、ホグワーツ内を歩く人の位置と名前を示す地図で、これを使って先生たちの目を盗み、ホグズミードへと行くことができました。ハリーには透明マントもあるため、ロンとハーマイオニー以外にみられずにホグズミードを楽しむことができました。

ハリー、ロン、ハーマイオニーは、三本のほうきというパブに、魔法省大臣のファッジとマクゴナガル先生が入っていくところを目にします。その際、ファッジがハリー・ポッターというい名前を口にしているのを聞いたため、ハリーは透明マントを被ってパブの中に侵入します。

 

そこで、シリウス・ブラックは昔ハリーの両親と友達だったにも関わらず、ヴォルデモートに追われていた2人の居場所を密告し、死に追いやったということを知ってしまいます。その後シリウスはもう1人の友達ピーター・ペティグリューを殺し、そこにはピーターの指1本しか残っていなかったそうです。

そして最悪なことに、シリウス・ブラックはハリーの名付け親でした。この事実を知ったハリーは、悲しみにくれシリウスに復讐することを決めます。

死んだはずの人が地図に現れる

寝る前に忍びの地図をみていたハリーは、三本のほうきで聞いたピーター・ペティグリューの名前を目にします。死んだはずのペティグリューが歩いているのはおかしいと、その場所へ向かったハリーですが、地図上ですれ違ったにも関わらずペティグリューの姿は見えませんでした。

困惑するハリーのもとに、スネイプ先生がやってきて夜中に歩き回っているハリーを怪しみますが、ルーピン先生がやってきてハリーを助けてくれます。

ルーピン先生は忍びの地図のことを知っていたようで、これがシリウスの手に渡ったらハリーの身が危ないと考えなかったのかと、がっかりしてしまいます。

 

地図を没収されたハリーは、死んだはずのピーター・ペティグリューの名前がのっていたため、忍びの地図は必ずしも正しいわけではないかもしれないと話します。

別の日ハグリッドのもとに行くと、ルシウス・マルフォイによりバックビークの処刑が決定されたことを聞かされました。処刑の日、ハグリッドを慰めようとハグリッドの小屋に行き、遠くから処刑を目にします。

悲しんでいる最中、ロンのペットのスキャバーズが、ロンの指を噛んで逃げ出します。スキャバーズを追っていったロンが目にしたのは、占い学でいっていたグリムでした。

 

ロンはグリムに引きずられ、暴れ柳の根元の穴に連れて行かれてしまいます。ロンを助けようと追っていったハリーとハーマイオニーは、ホグズミードにある叫びの屋敷にたどり着きました。

そこには怪我をしたロンと、シリウス・ブラックがいたのです。ロンを連れさったのはグリムではなく、犬に変身したシリウス・ブラックでした。

裏切り者の正体

親のかたきであるシリウス・ブラックにたどり着いたハリーは、彼を追い詰めることができました。しかし、シリウスが殺したかったのはハリーではなく別の人物だといいます。その時、ルーピン先生が現れます。

助けにきたのかと思いきや、ルーピンはハリーの杖を奪い、シリウスと抱擁をします。シリウスとルーピンは昔からの友達で、仲間でした。そして、部屋の中にいるある人物を探していたといいます。

2人が指差した先にいたのは、ロンが抱えているネズミのスキャバーズでした。スキャバーズはただのネズミではなく、ピーター・ペティグリューだったのです。

 

13年前、ハリーの両親を裏切り居場所をヴォルデモートに教えたのは、シリウスではなくペティグリューでした。そして、指1本だけ残して死んだようにみせかけ、ネズミに変身してロンのペットとして隠れていたのでした。

シリウスは殺人鬼ではなく、友達思いの優しい人物だったのです。そんなシリウスが、12年間も無実の罪でアズカバンに収容されていました。

スキャバーズに魔法をかけると、ピーター・ペティグリューに戻りました。シリウスとルーピンはペティグリューを殺そうとしますが、ハリーはそれを止め魔法省に引き渡そうといいます。そうすれば、シリウスの無実が証明できるからです。

 

真実を知ったハリーは、名付け親であるシリウスとはじめて話をします。シリウスはハリーの父ジェームズと親友で、昔の話をしてくれました。そして、もしダースリー一家と暮らすのが嫌なら自分と一緒に暮らそうと提案します。

突然の提案に少し戸惑いますが、ハリーははじめて家族の愛に似たものを感じます。そんな中、今夜が満月であることに気がつき、ルーピンが狼に変身してしまいます。狼になったルーピンは、名前を読んでも全くわからないようでした。

そして、シリウスが犬に変身して止めようとしますが、森の中に飛ばされてしまいます。この混乱の中ペティグリューは杖を奪い、再びネズミに変身して逃げてしまいました。

 

狼のルーピンに追い詰められますが、どこからか狼の鳴き声が聞こえ、ルーピンは森の中へ去っていきます。急いで森の中にシリウスを探しにいったハリーでしたが、シリウスはとても弱っていました。

さらにディメンターが大量に現れ、シリウスを襲います。パトローナスの呪文で追い払おうとしますが、あまりの数に抵抗しきれず、ハリーも襲われてしまいます。ついに、シリウスの魂が吸い取られそうになりますが、遠くから誰かがパトローナスを発動しディメンターを追い払ってくれました。

もしかしたら父のジェームズが助けてくれたのではと思いますが、それが誰なのかを見る前に、ハリーは気を失ってしまいます。医務室で目を覚まし、ダンブルドアからシリウスが処刑されることを知らされます。シリウスが無実だと訴えますが、子供だけでいってもどうにもならないと言われます。

 

そこでダンブルドアは、時計を3回回せば罪なき命を1つ残らず救えるといいます。ただし、誰にもみられないように、と。困惑するハリーでしたが、ハーマイオニーはすぐにピンと来ます。実は、ハーマイオニーはマクゴナガル先生から逆転時計というアイテムをもらっていました。

逆転時計を使うと過去に戻ることができ、ハーマイオニーはこれを使って同じ時間に複数の授業を受けていたのです。逆転時計で3時間前、ビックバークが処刑される少し前に戻りました。

ここで、ダンブルドアがいった罪なき命とは、ビックバークも含まれていると気がつきます。ハリーとハーマイオニーは、ビックバークを森に逃すことができました。

 

ルーピンが狼に変身する時間まで待ち、その時が来るとハーマイオニーは狼の鳴き真似をしてみんなから遠ざけます。ハリーたちが聞いた狼の鳴き声は、未来から来たハーマイオニーの声でした。

みんなからルーピンを遠ざけることはできましたが、今度は自分たちの方に来てしまいます。絶体絶命のハリーとハーマイオニーでしたが、ビックバークが助けてくれました。

 

そして、シリウスとハリーをディメンターから救ったのは父ジェームズだと信じ、ジェームズが現れる瞬間をみようとしますが、一向に現れません。このままではシリウスの魂は完全に吸い取られ死んでしまうため、ハリーは急いでパトローナスを呼び出します。

ハリーたちを救ったのは、未来から来たハリー自身でした。これがわかったハリーは、シリウスを救い出し、シリウスはバックビークに乗って逃げることができました。

 

全ての事件が落ち着きましたが、誰かがルーピンは狼人間だと言いふらしルーピンは学校を去ることになりました。学校生活に戻ったハリーの元には、宛て名不明の荷物が届きました。それは、最新型で当時最速のファイアボルトというほうきでした。

包みには鳥の羽が添えられ、シリウスからのプレゼントだとわかりました。

「ハリー・ポッターとアズカバンの囚人」の感想

これまでとは違った雰囲気

「ハリー・ポッターとアズカバンの囚人」は、監督がかわったこともあり前作までとは違う雰囲気となっています。本作監督のアルフォンソ・キュアロン監督はメキシコ出身ということもあり、どこかメキシコを感じる雰囲気があるのです。

三本のほうきの入り口にある干し首や、占い学のトレローニー先生の部屋、ハグリッドの小屋の周りにあるかぼちゃや石のモチーフなど、細部までこだわって作られているため、全シリーズの中でも特別ユニークな雰囲気を持っています。

wikipediaによると、キュアロン監督は他にもたくさんのアイディアを出したそうですが、大部分は原作者のJ.K.ローリングに却下されてしまったそうです。確かに、あまりにもエキゾチックすぎると「ハリー・ポッター」が持つ雰囲気を壊しかねないため、絶妙なバランスで新たな要素が含まれていると感じます。

 

実は本作は、全シリーズの中でも1番人気だと言われることもあります。その理由は、キュアロン監督と「ハリー・ポッター」の雰囲気がうまい具合にマッチしているからだと思います。

私も全シリーズの中で1番好きなのがこのアズカバンの囚人で、公開当初は4回映画館に観に行きました!

豪華すぎる俳優陣

なんと言っても彼です。ゲイリー・オールドマンです。もともとイギリスの名俳優を揃えた「ハリー・ポッター」シリーズですが、今回さらに豪華なメンバーを揃えています。

ゲイリー・オールドマンについては、プロフィールを見てすごさを知ってほしいのですが、シリウスという役を演じたことにしびれてしまいます。

ゲイリー・オールドマンといえば、悪役に定評がある俳優なのです。「レオン」や「フィフス・エレメント」など、少し異常な悪役を演じさせたらピカイチのゲイリーが、シリウス・ブラックを演じることに意味があるのです。

 

ぜひ、狂気と優しさの演じ分けに注目してください。叫びの屋敷で登場した時の顔と、ハリーに一緒に暮らさないかと言った時の顔を比べてみてください。しびれます。

さらに、ルーピンを演じたデヴィッド・シュリース、トレローニーを演じたエマ・トンプソン、新たにダンブルドア役になったマイケル・ガンボン、ペティグリュー役のティモシー・スポールも最高です。

叫びの屋敷では、ゲイリー・オールドマンとデヴィッド・シュリースとアラン・リックマンが同じ画面にいますよ。画面が割れるぐらい豪華です。

「ハリー・ポッターとアズカバンの囚人」の視聴方法

「ハリー・ポッターとアズカバンの囚人」はレンタルや購入、動画配信サービスなどの方法で視聴することができます。

令和1年6月現在、「ハリー・ポッターとアズカバンの囚人」を視聴できる動画配信サービスは以下の通りです。

U-NEXT税抜き1,990円(月額会員費)
dTV税抜き800円(月額会員費+個別レンタル費)
Amazon Prime税抜き199円(個別レンタル費)

まとめ

「ハリー・ポッターとアズカバンの囚人」は、監督のアイディアと豪華な俳優陣により、最高の作品となっています。日本でも非常に人気の高く、まだみたことがない人は絶対に見るべきだと思います。

「ハリー・ポッター」の面白さが詰まっている、魅力的な作品です。