未分類

ファンタビのクリーデンス役、エズラ・ミラーってどんな人?

今回は「ファンタスティック・ビースト」シリーズで、クリーデンス・ベアボーンを演じた、エズラ・ミラーを紹介します。

エズラ・ミラーとは?

名前Ezra Matthew Miller(エズラ・マシュー・ミラー)
生年月日1992年9月30日
出身地アメリカ、ニュージャージー州
職業俳優、ミュージシャン
身長180cm

本名は、エズラ・マシュー・ミラーといいます。父は出版社の副社長などを務め、母はモダンダンスのダンサーでした。姉が2人おり、3人兄妹の末っ子として育ちました。

エズラの父はユダヤ人で、母はドイツとオランダ系のルーツをもつキリスト教徒です。

映画への出演をきっかけに、16歳で高校を中退しました。

実はオペラ歌手!

エズラは幼い頃、吃音症(きつおんしょう)に悩まされていました。吃音症とは、言葉をスムーズに話すことができない障害のことです。吃音症を治すためセラピーに通い始めましたが、セラピーを受けることによって自分がどもってしまうことを意識してしまい、余計に悪化したそうです。

セラピーを辞め、代わりに6才の時にオペラのレッスンを受け始めました。

その後ニューヨークに拠点を置く「メトロポリタン・オペラ」に所属し、有名な作曲家のオペラに出演しました。オペラは、声変わりを機に辞めたそうです。(Daily Beast)

16歳で俳優デビュー

エズラは2008年にテレビ映画「Afterschool」で、デビューを果たしました。デビューにして初主演を務め、学校の外の世界を知ったエズラは、悩みを抱えるようになります。

学校の子供達はエズラを特別だと思うようになり、どこかよそよそしくなっていったそうです。それを感じ取ったエズラは、のけ者にされたような憤りを覚え始め、孤独だと思うようになりました。

学校のシステムに従うことも好きではなかったため、16歳で学校を中退しました。

 

その後立て続けに2本の映画に出演し、高い評価を受けました。(INSIDER)

「少年は残酷な弓を射る」(2011)では、ティルダ・スウィントン演じる母親を追い詰めていく美少年を演じ話題となりました。

「クィア」であることを告白

エズラは2012年公開の「ウォールフラワー」で、同性愛者の高校生を演じました。この作品の公開前に、雑誌「Out」でエズラ自身が「クィア」であることを語っています。

「クィア」とはセクシャルマイノリティーの総称で、性にとらわれない人のことを言います。エズラはインタビューで、自身のセクシャリティについて次のように話しています。

「自分のことをゲイとは表現しない。大体女性に惹かれてきたけど、いろんな人と付き合ってきたんだ。愛があれば受け入れるよ。きっと皆、自分の中にあるセクシャリティについての問題とか恐れを、周りの人に映しているんだよ。それが終わりのないヘイトに繋がっているんじゃないかな。」

「ハリー・ポッター」になぐさめられていた

エズラは思春期の頃にいじめを受けていました。

「僕は変わった趣味をしていて、吃音症で、格好のターゲットだったんだ。思春期になってキスがしたいと思うようになってきた時、対象は必ずしも女の子じゃなかった。そこで、自分は周りとは違う、浮いてるんだって気がついた。」(i-D)

そんなエズラの気持ちをなぐさめていたのは、「ハリー・ポッター」でした。

「いじめられていた時は毎日、家に帰ってインスタントラーメンを食べながら何時間も「ハリー・ポッター」のオーディオを聴いてたよ。ちょっと辛い時期だったけど、苦しい時間を乗り越えるためにするべきことをするんだ。「ハリー・ポッター」みたいな話は、世界や自分の中で何が大切なのかを教えてくれた。どうしても納得いかないことを乗り越えるのに役に立ったよ。」(Metro)

エマ・ワトソンと友達

エズラは「ウォールフラワー」(2012)で、エマ・ワトソンと共演しました。エマの義理の兄を演じ、「エマは親友の1人になった」と話しています。

「ファンタスティック・ビースト」への出演が決まった時、エズラが最初に電話をしたのはエマでした。

エマは、「ハリー・ポッター」シリーズでハーマイオニー・グレンジャーを演じ、「ファンタスティック・ビースト」シリーズの監督デヴィッド・イェーツのこともよく知っていました。

 

そのため、先輩のエマにアドバイスをもらったそうです。(BUSTLE)

逮捕されたことがある?

エズラはこれまで、2度警察に捕まったことがあります。

1度目はエズラが10歳の時でした。ファッションブランド「GAP」の店に、スプレーで「Stop sweatshop labor(搾取労働をやめろ)」と書き、捕まりました。

2度目は「ウォールフラワー」の撮影中でした。停止中の車の中でマリファナを吸っているところを見つかり、20gのマリファナを所持していたため逮捕されました。容疑は免訴されましたが、600ドル(約6万円)の罰金を支払いました。

New York Magazineでマリファナについて、「(マリファナを)吸うのを隠す必要はないと思う。感覚をとぎ澄ます無害なハーブだよ。」と話しています。

バンドでも活動中!

エズラは俳優だけでなく、ミュージシャンとしても活動しています。Sons of an Illustrious Fatherというクィア3人のバンドで、ボーカル、キーボード、ドラムを担当しています。

哲学的な歌詞が特徴で、アメリカやヨーロッパでショーをしています。

アニメ好き!

エズラは2017年のコミコンで、アニメ「鋼の錬金術師」のエドワード」・エルリックのコスプレをして話題となりました。

「ジャスティス・リーグ」(2017)のプロモーションで来日した際は、実写版「鋼の錬金術師」(2012)の公開にワクワクしていると話しました。

また、好きなアニメは何かと聞かれた際、ジブリ映画「もののけ姫」をあげました。(comicbook online)

2018年のコミコンでは、Sons of an Illustrious Fatherのメンバーとともに、「マリオシリーズ」のキノピコのコスプレを楽しみました。

元恋人はあの人!

エズラは2010年に、「Beware the Gonzo」(2010)で共演したゾーイ・クラヴィッツと付き合っていました。ゾーイ・クラヴィッツは、「ファンタスティック・ビースト」シリーズでリタ・レストレンジを演じている女優です。

8年ぶりの共演ですが、特に仲が悪い様子はないようです。

2013年からは女優でモデルのエリン・アーブと交際しており、2014年には婚約もしましたが、よく年に婚約を解消して破局してしまいました。

「ファンタスティック・ビースト」以外の作品は?

以下は出演映画と、filmarksでの評価です。

Afterschool(2008):2.9
City Island(2009):3.5
Every Day(2010):2.9
Beware the Gonzo(2010):3.1
アナザー・ハッピー・デイ ふぞろいな家族たち(2011):3.1
少年は残酷な弓を射る(2011):3.6
ウォールフラワー(2012):3.8
ボヴァリー夫人(2014):3.1
プリズン・エクスペリメント(2015):3.1
エイミー、エイミー、エイミー!こじらせシングルライフの抜け出し方(2015):3.3
バットマンvsスーパーマン ジャスティスの誕生(2016):3.7
スーサイド・スクワッド(2016):3.3
ファンタスティック・ビースト 魔法使いの旅(2016):3.8
ジャスティス・リーグ(2017):3.5
ファンタスティック・ビースト 黒い魔法使いの誕生(2018):3.8
フラッシュポイント(2020):?

まとめ

エズラ・ミラーは、感性が豊かで魅力がいっぱいの俳優です。その魅力の裏には、過去の辛い経験やそれを乗り越えてきた強い意思があります。

自分を貫く姿は、スクリーンを超えて世界中の人を虜にしています。