未分類

ハリー・ポッターのフラー役、クレマンス・ポエジーってどんな人?

今回は、「ハリー・ポッター」シリーズでフラー・デラクールを演じた、クレマンス・ポエジーを紹介します。

クレマンス・ポエジーとは?

名前Clémence Guichard(クレマンス・ギシャール)
生年月日1982年?月?日
出身地フランス、パリ
職業女優、モデル
身長170cm

本名は、クレマンス・ギシャールと言います。クレマンスの父は、俳優のエティエンヌ・ギシャールです。母はフランス語の先生、妹は女優のマエル・ポエジーです。

芸名のポエジーという苗字は、母の旧姓を使用しています。

誕生日は11月30日と書かれることが多いですが、本人が否定しています。(Mugglenet.com)

演技への興味は母の嘘から

クレマンスが幼い頃、母親はテレビが壊れたという嘘をつきました。そのためクレマンスと妹は、テレビではなく映画ばかり観て育ちました。(Interview)

さらに父が俳優で劇団を持っていたため、映画や芝居は常に身近にありました。

そのため自然と女優業を始めていき、高校在学中の夏休みにテレビデビューを果たしました。

「ハリー・ポッター」出演は縁

クレマンスは、偶然ハリー・ポッターのキャスティングを行っていたディレクターと、別件で話をしていました

そのディレクターに勧められ、フラー役のオーディションを受けることになりました。

ロンドンでの最終オーディションを経て、フラー・デラクールとして「ハリー・ポッターと炎のゴブレット」に出演をしました。(Mugglenet.com)

ファッションが大好き

女優としての活動はもちろん、モデルとしてそのファッションセンスも注目されています。

10代の頃から演技と同時に、衣装デザインにも興味があったそうです。

そのため、これまでスタイリストをつけたことがなく、衣装は全て自分で選んでいます。(To universe,with love)

クロエの香水の広告塔に

クレマンスはそのセンスの良さから、ファッションブランド「クロエ」が展開する、香水の広告塔に選ばれました。

2008~2010年の2年間モデルを務め、2014年に再び起用されました。

テレビシリーズでも大活躍

クレマンスは2004年に、「レジェンド・オブ・サンダー」というテレビシリーズで演じたメアリー女王役を演じました。

そして翌年、FIPA国際テレビ映画祭のミニシリーズ女優部門を受賞しました。

2010年には、当時大人気だったドラマ「ゴシップガール」にも出演しました。

1児のママ

クレマンスは、2017年にフランスで開催された映画祭に出席しました。その際、ふっくらしたお腹により妊娠が明らかになりました。

2017年に、息子のリアムを出産しました。しかし父親については明かしておらず、話すつもりもないと答えています。

妊娠が明らかになる前に破局した、アートディレクターのエメリック・グレイスが父親ではないかと考えられています。(ELLE)

女性の権利のために活動

クレマンスは、Women’s Worldwide Web(W4)という団体のアンバサダーを務めています。

W4は女性の権利をを守るために活動し、ヨーロッパ初のクラウドファンディングを行った団体です。

インタビューでは、「女性は他の女性たちを気遣い、戦えない女性のために戦わなくてはいけない」と話しています。

「ハリー・ポッター」以外の作品は?

以下は出演映画と、filmarksでの評価です。

サルトルとボーヴォワール 哲学と愛(2006):3.8
ヒットマンズ・レクイエム(2008):3.5
127時間(2010):?
招かれざる隣人(2015):?
あしたは最高のはじまり(2016):3.1
ジャコメッティ 最後の肖像(2017):3.7

「ヒットマンズ・レクイエム」では、ヴォルデモート役のレイフ・ファインズとマッドアイ役のブレンダン・グリーソンと共演しました。

まとめ

クレマンス・ポエジーは、女優だけでなくファッションの世界でも大活躍しています。さらに女性の権利のために活動するなど、その活躍は多岐にわたっています。